読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗闇の先には何がある?

朝起きて、天気が良くて、お日様の光が降り注いでいるだけで、

「あぁ~~しあわせだ~~」と思える。

洞爺に住み始めて、もうすぐ3年になるけれど、毎日窓からピラミッドのような

中島を眺めるたびに、嬉しい気持ちになる。
f:id:lakotoya:20170131091657j:image

窓が汚いな・・・(笑)

 

アッと言う間の3年、でもやって来たことを考えると

何十年とも思える濃い3年だった気がする。

 

今でもそうだけど、今までやった経験のないことをやろうとするとき

ほんとに「怖い」です。

見た事のない世界へ進むということは、暗闇の中を手探りで進むようなもの。

暗闇の先は、断崖絶壁になっているのかもしれない。

もしくは、綺麗なお花畑なのかもしれない。

それは、進んでみなければわからない。

 

今いる明るい場所にとどまるのか、

何があるかわからない先へ進むのか

どっちを選ぶのも自由。

そうだとしたら、その場所で満足して、停滞して、朽ちて行くより

私は、怖くてもまだ見ぬ世界を見てみたいと思うのです。

 

まだ見ぬ世界を、天国だと信じて。

 

暗闇に進むのは、誰だって怖いと思いますよ。

でも、「怖い」っていうのは、ワクワクでもあると思うんですよね。

あの、お化け屋敷に入る前や、見世物小屋に入る前みたいな。

 

怖いけど、楽しみ!ちょっとワクワク!

 

で、実際入ってみたら、なぁ~~んだ、作りものじゃん!ってね。

全然怖くない(笑)

そんなものです。

 

「怖い」って感情は、危険を察知して死なないために、必要な感情。

でも、この世界で、ほとんど死ぬようなことにはならないんですよね。

これから、未踏のジャングルに入るんなら別ですけど。

 

だとしたら、「怖い」って「ちょっとワクワク」でもあって

意外と踏み出してみたら、あれ?と思うんじゃないのかな。

「なぁ~~んだ!つくりものじゃん!」って。

そう、自分が勝手に思い込んで、想像していたつくりもの。

 

暗闇の先が、断崖絶壁である可能性って、ほとんど無くて

自分が「そうに違いない!」って思ってるだけのことがほとんど。

それを、進まない言い訳にしているだけ。

 

そうやって、張りぼてのお化けに怯えているのも自由ですけど、

私は、暗闇の先にあるのは、パラダイスなのか、はたまた違うお化け屋敷なのか(笑)

確かめに行きたいと思うのです。