読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げてもいいんだよ。

ここのところ、かなり真面目にブログを更新してきましたが

一昨日いやもう3日前か?札幌まで映画を観に行ってきて、

普段ほとんど誰とも会わないし、自然の中にいるし、冬道の運転も神経使ったのか

車の多い道路や、人混みに疲れちゃったのか

何もやる気が起きなくて、ダラダラしていました。

 

因みに、映画は「君の名は。」をIMAXで観て来たのですが(3回目)

やっぱり臨場感があって良かったです!!毎回泣きます(笑)

 

そんな感じで、私はとても意志が弱いです。

 

現在に至るまで、私がやってきたことって、

他の人からみたら、不要なものをバッサバッサと切り捨てて来たように見えるかもしれません。

きっと強い人だと思われてるかもしれないんだけど・・・

だから、あんまり私に近寄ってくる人がいなくって、友達がいないのかもしれない(笑)

 

まわりからは、どんなふうに見えるのかわからないけど

私は全然強くなんかないし、ヘタレなんです。

面倒臭がりで、なかなか行動出来ないし

飽きっぽくて、何かひとつを継続することが出来ないし

ひとりでいたら、だらしないし、行儀も悪いし

かと思えば、変なとこに几帳面だったり、神経質だったりする。

 

こういうところを、いつも親にのろまだの、ルーズだの、呑気だの言われ

何事も長続きしない、堪え性がない、と言われ(元旦那にも言われた)

親の期待にも応えられないし、ちゃんと出来ない自分をだめな奴だと責めていました。

だから、自分に自信が持てないし、何かやるときにも、怖くて動けないという

負のループにはまっていたように思います。

だって私、自信が無さ過ぎて、ひとりで飲食店にも入れなかったんですから。

 

今は、だめだと思い込んでいたところも、別の視点でみられるようになり

慎重で、好奇心が強くて、大らかで、自分なりのこだわりがある、と

肯定的に捉えられるようになったけど

でも、今考えても、私は強い訳じゃなくて、

結局は、逃げてただけなんじゃないかと思うんです。

 

いつも、親や人の顔色ばかりうかがって、自分をまわりに合わせていたから

どこかで無理が来て、我慢の限界が来るのだけど、

自分の意見を主張することが、怖くて出来ないから、

そうすると、自分を守るためには、もう逃げることしか出来ないんです。

 

最初に働いた職場でも、辞めようとしたけど、説得されて、丸め込まれ

結局、辞めるためには行かないことしかない!と逃げ

母が亡くなった後、父との生活が耐えられなくなったんだけど、

きちんと向き合って話すことが怖いから、再婚して逃げ

洞爺に移住するときに、色んな縁を切ったのも、面倒なことから逃げたんだし

離婚するときも、しばらくは話し合いを避けて、家庭内別居の期間が長かったし

 

私は逃げてばかりいたんです。

 

でも、そうしないと、自分を保てなかったし、守れなかったのです。

 

そして、逃げ続けた今、何か困ってるか?というと、何もないんですよね。

私が職場から逃げた後、同僚には色々言われたかもしれないけど、

辞めてしまったら、それもわからないし、会社は私がいなくても、何も変わらず回ってる。

父からも、逃げたけど、親子ならいつか分かり合えるときが来るものだし

縁を切って、洞爺に移住しても、繋がる人は繋がるものだし、

逆に面倒くさい付き合いが無いのは、本当に楽。

離婚するときも、逃げ続けても、にっちもさっちも行かなくなれば、何とかするものだし

 

過ぎてみて、何が問題だったかというと

自分の中の、ルールや価値観を破ったことへの罪悪感だけなんですね。

多少、人に迷惑をかけたり、傷付けたりはしたかもしれないけど

本当に、本当に、辛かったら、逃げてもいいんだと思うんです。

 

若い子が、過労死した問題もありましたよね。

親を悲しませるとか、世間体が気になるとか言って、一番大事な命を失ってしまったら

元も子もないいのですから。

 

あと、思い出しましたが、私が辛かったな~と思った事。

初めての子育てのとき。

人ひとりの命が、自分にかかっているんだと思ったとき、責任の重大さに

震える思いがしたのですが、

初めてのことだらけで、不安がいっぱいだったし、旦那はいつも帰りが遅くて

泣いてばかりいる子に、心身共に疲れ果て、

でも、他のお母さんたちは、ちゃんと出来てるし、自分だけがダメなんだろうか?と

あのときばかりは、育児ノイローゼで子供を殺してしまう母親の気持ちがわかる気がしました。

もうひとつ、母親の介護をしたとき。

限られた命だと思うから、精一杯言うことを叶えてあげようと思うのに、

我儘ばかりいう母に振り回され、感謝されるどころか、暴言を吐かれたり

いつまでこれが続くのかと、気が遠くなりそうでした。

 

こういう、家族の問題は割と密室の中で、外にはわからないものだし、

身内の問題は身内で解決しなければ、と思っちゃいがちだけど

今は、SNSも発達していることだし、助けて!て訴えればいいと思うんです。

ひとりで頑張らなくても、ある意味逃げても良いと思うんです。

 

自分でしっかり向き合わなきゃいけない問題(自分の内側のこととかね)は

あるかもしれないけど

本当に、自分を生きながら殺し続けるとか、実際に命を落とすような辛いことからは

逃げていいと思います。

自分が決めたルールや価値観で、がんじがらめになって苦しむのは、

もう終わりにしましょう。


f:id:lakotoya:20170117220208j:image