読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べ物の意味や価値を、考えてみる。

料理とか、お菓子とか

私の周辺には、以前自営で飲食店をやっていた友人が何人かいて、

やっぱり、お店をやっているときは、

同じような悩みを持っていたんだな、と共感したり、

やっぱり、もう二度とやりたくない!と思っていたり。

現在、お店をやっている人にも、同じような悩みを打ち明けられることもあります。

 

今の経済システムの中では、本当に真っ正直に商売をやっている人が、

馬鹿を見るみたいなところがあって、そうやって自分の首を絞めて、

大好きで始めたはずのお店が、どんどん辛いものになってしまう悲しさ・・・

やっぱり、今までの考え方だと、生活がかかっているから、

儲けを出すために、不本意なことも受け入れなければならなくて、

本来やりたかった形と乖離してしまって、楽しくなくなったり、ストレスになったり。

 

一般的なサラリーマンにはなりたくなくて、独立したはずなのに、

もっとがんじがらめになってしまうのはなぜなんだろう?

 

どうして、こんなことになっちゃうのかな・・・?

 

私は田舎に移住して、どんどん自由に暮らすようになって、

たくさん変化したことがあるんですけど

ひとつに、ご飯を前より食べなくなったことがあります。

会社や学校では、時間が決められているし、

家では、何となく家族そろって、というルールがあって

お腹が空いていなくても、みんなと同じ行動をとらなければいけなかったし

 

食事は3食って、いつから決まったんでしょう?

 

現代の人達は、本当の空腹を知らないのではないかと思います。

私は、お腹が空いたときに、食べたいものを食べる、ということになっていった結果

多分、全体の量は、今までの1~2食分になったと思います。

 

みんなは、「食べていけなくなったら困る!」と言って

一生懸命、嫌な仕事も頑張って続けていたり、

決められたお給料の中で、3食きちんと食べるために、少しでも安いものを探したり

挙句に、安く食べられる店に何時間も並んだりしてるけど、

 

そもそも、そんなに食べなくてもいいんじゃない?

 

だとしたら、一食にもう少しお金をかけて、質の良いものを食べても良いのではないかと。

 

 

衣食住に関わるもの全てに、たくさんの人が関わっていると思うのですが、

食べ物って、直接身体に取り込んで、しかも血となり肉となって、

自分の身体を創っていくものでしょ?

だったら、外側を飾るのもいいけど、自分の内側をどんな成分で作るのかって

もっと大事にした方がいいんじゃないのかな。

 

そして食に使われている材料って、膨大でしょ?

 

例えば、今晩カレーライスを食べたとして。

お米や野菜を長期間作業をして作ってくれた農家さん。

早朝から海へ出て漁師さんが獲ってくれた魚介類。

出産から大事に育ててくれた畜産業の人。

もっと言ったら、スパイスとか海外の人も関わってるし。

そして、それを配送業者さんが輸送してくれて

市場やスーパーでパッキングして、売ってくれて

お母さんや、飲食店の人が買い出しに行ってくれて

心を込めて作ってくれる。

f:id:lakotoya:20170115163351j:image

ちょっと考えただけでも、これだけの人が関わって

その人たちのエネルギーが込められているってことです。

 

私の住んでいるところは、まわりが農家さんなんですけど

道の駅なんかで、売っているお米には、生産者さんの名前が入っています。

私は、どこの誰か知っていたりするので、○○さんのお米にしよう!と選んだりします。

あの人が作ったものなら、間違いない!と思うし、本当に美味しいから。

 

みなさんは、どういう基準で自分が食べるもの、選んでますか?

 

毎日、TVでも、雑誌でも、SNSでも、

メディアでは、溢れんばかりに食べ物の情報が流れていますよね。

どこのお店の○○が美味しい、どこどこの○○が絶品だ、食べなきゃ損だってね。

そうやって、毎日垂れ流しの情報に洗脳されて、情報に踊らされて、お金を使わされて・・・

自分の身体が本当に欲しているものを食べていますか?

空腹じゃないのに、食べていませんか?

 

お店をやっているとき、ずいぶんメディアにも取り上げられましたし、

物産展などにも、声をかけていただきましたけど

どれも、一時的に爆発的に忙しくて、長続きしないんです。

そういうのに飛びつく人達は、次から次へと新しいものへと行ってしまって

定着しないので、固定客にはなりません。

でも、一般の人達は、そういうときの混雑を見て、勝手にあそこの店は儲かっている

と勝手にイメージするんです。

そうやって、個人営業のお店は、振り回されて、みんな苦しい思いをしています。

(一部で儲かっているお店もあると思いますが、きっとそれなりの悩みがあるのでしょう)

 

私一人が、一生懸命訴えても、世の中は変わらないでしょう。

でも、ひとりでも、ふたりでも、共感してくれる人がいるなら

これからは、どんな人が、どんな思いで、それを作っているのか?ということに

少しでも目を向けてもらえたらな、と思います。

どんなもので、自分の身体を創るのか、それが自分を大事にすることでもあるからです。

そして、素敵な人がやっている、大好きなお店があったら、正当な対価を払って

是非、通って応援してあげて下さい。

 

今、一生懸命、美味しいものを作って、みんなに喜んでもらいたい!と

正直に頑張っている飲食店の人達に

私が経験したような、苦しい思いはして欲しくないと思います。

 

大好きなことを、ずっと大好きで続けていけるような、社会になって欲しい!